【旅行準備】初めてのシンガポールに持って行って良かったもの5選

シンガポール旅行に持っていって良かったもの5選シンガポール
スポンサーリンク

これからシンガポールに行くけど、どんなものを持っていったら良いか悩んでいませんか?

りーぬ
りーぬ

私もよく分からなくて、色んなものを手あたり次第持って行ったなぁ。

でも、無駄な荷物は増やしたくないですよね。

この記事では筆者がシンガポール旅行し、持って行って良かったものをまとめました。

この記事を読んでわかること
  • シンガポールへ何を持って行けば良いかわからない
  • 他の国とは違う、シンガポールならではの持ち物が知りたい
  • 持って行く必要のなかったものが知りたい

シンガポールに持って行って良かったもの5選

1.除菌シート

ウエットティッシュ

除菌シートといえば、もうみなさんお馴染みですよね。

このご時世に大変お世話になっているアイテムです。


これがシンガポール旅行の際は大活躍したんですね。

フードコートなど飲食する場所は結構汚れています。

たまに係の方が拭いてくれますが、まぁまぁな確率で汚れていました。

また、手洗い場もありますが、遠かったり場所がわかりにくかったりするので、手元に少しでもあると助かります。

シンガポールの気候は暑いので、移動ごとに手を拭いてサッパリするのも良かったですよ。

日本ではダイソーなどの100円均一で、簡単に手に入るのでお試しあれ!

2.薄手のカーディガン

白いカーディガン

シンガポールのお店の中はとても寒いです。

日本でもよく冷えているお店がありますが、それ以上にガンガンにエアコンをきかせています。

外は暑いので、ついつい薄着で出かけてしまいがちですが、店内に入るととても寒いです。

汗が冷えてしまい、風邪をひいたら楽しい旅行も台無しなので、寒がりな方はエアコン対策をしておいた方が良いでしょう。

もし、荷物が増えるのが嫌な方は、畳んでもシワになりにくい素材のカーディガンを準備しておくとベターですよ。

\ こんな感じのカーディガンが1枚あればOK! /

3.はっか油

ハッカ油

シンガポールの外はとても暑くムシムシしています。

日本でいえば、7~8月の夏休み期間を想像すると良いですね。

そこで活躍するのがハッカ油

みなさんハッカ油はご存じでしょうか?

スプレータイプのボトルに入れ、服や体にかけておくと、ひんやりして気持ちいいですよ。

暑くてイライラしたり、慣れなく疲れやすい環境ですが、少しシュッとしておくだけで気分が晴れ、楽しい観光ができます。

りーぬ
りーぬ

防虫効果もあるので、蚊やコバエから身を守れるよ!

あまりつけすぎると痛みを感じる方もおられますので、気をつけて下さいね。

\ ドラッグストアに売ってるハッカ油よりおしゃれなので、おススメ! /

4.サンダル

サンダル

シンガポールでは、たくさん観光や散策をして歩き回るので「スニーカーを履いて行こう!」と思ってるアナタ!

何度も言いますが、シンガポールは暑いです。

スニーカーは蒸れるので、長時間の観光にはお勧めしません。

私が履いていて良かったのは、サンダルです。

もちろんヒールなしのものですよ!

現地での移動は意外とバスや地下鉄が多く、そこまで歩き回ることも多くなかったので、サンダルでも足が痛くなりませんでした。

りーぬ
りーぬ

大きな声では言えないけど、帰りに置いて帰って良いようなものなら、荷物も減るのでなおさらGoodだよ!

5.リュックサック

リュックサック

移動用カバンは、どんなものを持って行く予定でしょうか?

観光や移動時は、肌身離さず持てるような斜めがけのバックをよくお勧めされていますよね。

でも、急にお土産を買いたくなった時やちょっと重いもの(水など)を持って回る時は、リュックサックがお勧めです。

シンガポールは、あちこちにお土産にしたくなるような雑貨や小物、お菓子などが売られています。

また、気候が暑いのでお水の携帯は必須です。

治安の悪い地域もありますが、観光スポットや街中を散策する位であれば、リュックサックでも問題ありませんでした。

りーぬ
りーぬ

リュックサックを背負っていて、後ろのチャックが開いているのを現地の人に教えてもらうくらい、温かい人がいる国だよ。

\ 急な雨降りも多いので、撥水加工されたバッグだと安心だよ /

【番外編】シンガポールに持って行かなくて良かったもの

ここからは、シンガポールに行くために日本で準備して持って行ったのに、結局使わずに持ち帰った残念なものなどをご紹介します。

1.電圧変換プラグ

電圧変換プラグ

スマホの充電ができなかったら困ると思い、電圧変換プラグを持っていきましたが、ホテルにはUSBの差込口があったので、プラグを使用する機会はありませんでした。

ホテルによれば装備がないところもあるかもしれませんが、それなりのランクのホテルであれば大丈夫でしょう。

また、スマホの充電が心配であれば、モバイルバッテリーを持っていくのも1つですね。

りーぬ
りーぬ

モバイルバッテリーは、飛行機の機内持ち込み制限があるので、よく確認して荷造りをしようね。

\ Ankerなら安心!私は1つ前の型を愛用してるよ /

2.レンタルのWi-Fiルーター

Wi-Fiルーター

スマホで検索できないと不便なので、レンタルのWi-Fiルーターを持っていきました。

現地で大活躍でしたが、大きく重たく持ち運びにとても不便だったんですね。

そこで気づいたのが、現地でのSIMの購入です。

現地のセブンイレブンや空港などの要所に、1日から1週間位まで期間が選べる格安SIMが売ってありました。

主人がそれを使いましたが特に問題なく、さらに電話もできるので安心でしたね。

SIMフリーのスマホを持っている方や、現地での買い物に抵抗がない方は、この方法をお勧めします。

まとめ

シンガポールの気候やお国柄を見て、特に持って行って良かったものをまとめてみました。

持って行って良かったもののおさらい

  1. 除菌シート
  2. 薄手のカーディガン
  3. はっか油
  4. サンダル
  5. リュックサック

この記事を読んで下さったみなさんに、シンガポール旅行のお手伝いができれば嬉しいです。
現地で楽しい思い出をいっぱい作りましょう!

お土産や、美味しかった食べ物など他にもたくさんシンガポールについて書いてますので、お時間あればご覧下さいね。

\ シンガポールのおすすめグルメはこちら! /
【2022年版】シンガポール旅行で大満足したおすすめグルメ6選
ミーゴレン、チキンライス、ラクサ、ふわふわかき氷、パンアイス、紅茶はシンガポールに行ったら必ず試してほしいグルメです。また、ホーカーズやフードコート、飲料水、公共交通機関での飲食マナーのこともまとめています。

\ シンガポールのお土産に悩んでる方はこちらをチェック! /
マーライオン以外のシンガポールお土産7選、アラサー目線でおすすめ!
シンガポール旅行で、30代の女性がお土産に購入して良かったものや渡して好評だったものをランキングにしました。お土産を通してシンガポールの歴史や背景を知ることができますよ。

りーぬ
りーぬ

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました