ジモティーを30回以上利用して驚いた、取引相手とのトラブル体験談を4つご紹介

ジモティーのトラブル体験談節約
スポンサーリンク

みなさん、ジモティーって最近ではよく聞くようになりましたね。

数年前から口コミ数が増え、徐々に知名度が上がっている地元の掲示板で、インターネットやアプリで誰でも利用できるサービスなので、利用者も増えているようです。

そんな勢いのあるジモティーのびっくり体験談をお届けしますね。

初心者BOY
初心者BOY

ジモティーって気になるけど、ちょっと怖いな。

どんなことができるの?

りーぬ
りーぬ

ジモティー歴3年の私が紹介していくわよ

この記事を読んでわかること

  • ジモティーを使ってみたいけど勇気が出ない
  • どんなトラブルがあったのか知りたい
  • 何かあった時の対処法が知りたい

ジモティーでできること

ジモティーはインターネットとスマホアプリのどちらからでも利用可能です。

私は主にスマホアプリで利用しているので、アプリベースの内容でご紹介していきますね。

カテゴリーが豊富

  • 売ります・あげます
  • 助け合い
  • メンバー募集
  • 教室・スクール
  • 中古車
  • アルバイト
  • イベント
  • 地元のお店
  • 正社員
  • 里親募集
  • 不動産

まず、これだけのカテゴリーが準備されています。

幅広いですよね。地元のことならだいたいここで解決できそう!

ジモティーでのお取り引き実績

この中で私が主に利用するのは「売ります・買います」のカテゴリーになります。

ここで家にある不用品を無料でお譲りしたり安値で売ったりし、不用品をリサイクル。

メルカリで配送するには大きすぎるものや、廃品回収に出すにはリサイクル料がかかったり、指定のゴミ焼却場へ持ち込まないといけないものをメインに出品しているのがポイントですね。

これまで3年にわたってジモティーを利用してきましたが、様々な物が売れたりお譲りすることができました。

お取引実績の一部はこちらです↓

  • 扇風機
  • ソファー
  • ベッド
  • 大量のハンガー
  • 勉強机
  • 除湿器
  • ゴミ箱
  • 電子レンジ

\ジモティーを利用してみて良かったことと注意点についてまとめていますので、ぜひご覧くださいね。/

アラサー女子がジモティーで不用品を売ってみた!良かったことと注意点のまとめ
ジモティーって大丈夫?直接取り引きするのが怖くない?と不安になっているアナタ。女性であればより一層心配ですよね。そんなアラサー女子が思い切ってジモティーを30回以上利用してみて感じたことをまとめてみました。きちんと対策していれば思ったより簡単・安心なので、ぜひ実践してみてもらえると嬉しいです。

大体こんな感じの不用品を出品・譲渡してきた中で、「あれ?」と思う方もちらほら見受けられました。

その時の体験談を4つご紹介します。

ジモティーで驚いたお取り引き4選

ここからはジモティーを利用していて「そんなことが!」と思うような体験談を4つご紹介していきます。

1.返信が突然来なくなる

ジモティーの投稿に対して、興味を持った人はメッセージを送ることができます。

いつものように商品を投稿し希望者からのメッセージを待っていると、早々に譲ってほしいと連絡があったため、受け渡し予定者にしていました。

すると数回やり取りをした後、突然連絡が途絶えました。

忙しいのかな?と配慮し、数日待ちましたがやはり音沙汰なく。

他の方からお取引させてほしいとメッセージが来ていましたが、全部断ってまで受け渡し予定者にしたのに、この状態です。

この後何度か連絡を入れましたが、完全に無視状態でした。

結局受け渡し日時などの具体的なはしていなかったので、無駄足にはなりませんでしたが、時間を大きく奪われてしまいました。

りーぬ
りーぬ

その後、なかなか貰い手が現れず、処分に困ったな。

連絡が途絶えるような流れは、実際結構あります。

返信が無ければ、時間を決めて見切りをつけていきましょう。

例えば、

「次にお待ちの方がおられますので、24時間を過ぎましたら交渉終了とさせていただきます」

と強気でメッセージを送るのも良しです。

複数メッセージが来ている場合は、すぐに「ごめんなさい」せずに順番待ちという形で案内しておくと安心ですよ。

2.ドタキャン・大遅刻未遂

メッセージのやり取りを重ね、お互い取引内容に合意したことを確認していました。

しかし受け渡し当日に時間の確認をとメッセージを送っても返事はなく。

運転中かな?と配慮し、こちらは受け渡し場所に到着。

予定時間の5分前になって「日時を変えてくれないか?」とメッセージを受信。

りーぬ
りーぬ

いわゆるドタキャンですね

忘れていたのか仕事が忙しかったのか真実はわかりませんが、鬼のような心を静めて承諾。

先方の都合のいい日で、受け渡し予定日を決めなおしました。

そして再受け渡し当日に一応と思い、確認の連絡をすると「時間を遅らせてほしい」と返信が。

さすがに受け入れられず、時間は変更できないことを伝え、何とか予定通りの時間でお取引きを終えることができました。

「良いですよ」と、何でも柔軟に対応していたつもりでしたが、これを逆手に取ってくる相手もいます。

今回のような場合は、多少強めにこちらの要望を伝えることも必要です。

3.メッセージの嵐

お取引に関してメッセージのやり取りが長引き、仕事や用事で返信が遅れてしまうことがありました。

そんな時に待ち受けていたのが、メッセージの嵐

  • 「○○の件はどうしましょうか?」
  • 「写真を追加してもらえますか?」
  • 「写真の追加は難しいでしょうか?」

など、1時間返信ができないだけでも5通の通知が来ていました。

この件があってからは、すぐに返信ができないことが予想できる際は、少しの間連絡ができない旨を伝えるようにしています。

4.取引先に現れない

メッセージのやり取り上は問題なくスムーズでした。

ただ、受け渡し日に連絡しても返事が返ってこなかったので不審に思いましたが、一応予定時刻に受け渡し場所へ向かいました。

しかし、お取引き相手は姿を見せることはありませんでした。

その後何度もメッセージを送っても既読にならず、完全無視状態。

さすがに悪質であり、運営サイドに通報という手段を選びました。

ジモティー本部へ通報する方法

ジモティー通報方法
初心者BOY
初心者BOY

もし僕もトラブルにあったらどうすれば良いの?

りーぬ
りーぬ

ジモティー運営にお問い合わせすればスムーズよ!

「もし取引の際にトラブルがあったら、どうすれば良い?」

こんな状況になったときは、マイページヘルプお問い合わせ状況に合ったカテゴリーを選んで指示に従いましょう。

今回の事例のドタキャンの場合は、取引画面の「違反を報告」からお問い合わせをしました

。特定の相手がいる場合のトラブルに関しては、この方法が良いみたいですね。

また、そこまでトラブルにはなっていないけど気になることがある程度の場合は、

マイページ要望・不具合報告のフォームから連絡可能です。

ジモティーをやって良かったこと

4つのトラブルを紹介してきましたが、ジモティーを活用すると良いこともたくさんあります。

  1. 大きな不用品が処分できる
  2. 必要な人へ譲れる
  3. リユース
  4. お小遣い稼ぎ

大きな家具家電は、処分に困りますよね。まだ使えるのに捨てるのはもったいない引っ越しするのに荷物を減らしたいリサイクル料を払うのは嫌だ、など理由はさまざまありますが、意外と大型家電・家具は需要があるので受け渡し先が早く決まり、必要な家庭へお譲りすることができます。

更に無料で引き渡しするだけでなく、物や季節によれば1000円~10000円でも売れることがありますので、いいお小遣い稼ぎになりますね。

何より部屋の中がスッキリするので、気持ちが良く掃除もしやすくなり幸福感が増します。

  \詳細については下の記事にまとめていますので、ぜひご覧くださいね。/

アラサー女子がジモティーで不用品を売ってみた!良かったことと注意点のまとめ
ジモティーって大丈夫?直接取り引きするのが怖くない?と不安になっているアナタ。女性であればより一層心配ですよね。そんなアラサー女子が思い切ってジモティーを30回以上利用してみて感じたことをまとめてみました。きちんと対策していれば思ったより簡単・安心なので、ぜひ実践してみてもらえると嬉しいです。

ジモティーで大きなものをお取り引きする場合は、運ぶのが大変!

こんな時は、台車1つあれば解決します。

普段、買い物をしたときに車から荷物を運ぶ時にも使えて便利ですよ。

こんなコンパクトで可愛い台車もあるよ!

まとめ

  • ジモティーでできること
  • 実際にあったトラブル
  • 運営への連絡方法

以上をまとめてみました。参考になったでしょうか?

世の中にはモノが溢れています。新しいものを買い古いものを処分する、この時に必要な方へお譲りできれば環境に優しいですよね。

トラブルが多少あるのは事実ですが、マナーを守れる方が大半です。

もし「これ必要な人いるかな?」なんて思うものがあれば、一度体験してみても良いでしょう。

くれぐれも受け渡し場所は明るく人目の付きやすい場所で行いましょうね。

安全に楽しく、譲る側・譲られる側の双方にメリットのあるお取り引きができ、みなさんの生活が少しでもhappyになれば嬉しいです。

りーぬ
りーぬ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました